↓ 詳しくはこちらをクリック! ↓

愛車を売るなら車一括査定がおすすめです

あなたの愛車を高く売るなら車の一括査定がおすすめです

車の一括査定は、自宅からインターネットを使って車を査定申込みができるので大変便利です。

車の一括査定をおすすめする理由

  • 申込みがインターネットで簡単にできる
  • 買取を行う各社の見積もりがスピーディーにあつまる
  • 中古車のオークションの仕組みが整備され高く売れる

 車の一括査定を使うメリット

  • 申込みが簡単でスピーディーに見積もりが集まる
  • 値段交渉が苦手なかたでも高値で売却できる
  • 複数の買取業者の入札なので市場価格より高く売れる
  • 面倒な書類などの手続きを代行してくれる
  • 高く買取ってくれるところが決まったら終わりなので各社に断って回らなくてもよい

高く売れる上に、このようなたくさんのメリットがあるので人気のサービスになっています。

簡単にいうと、楽チン・簡単・お得ってことです。

車の査定時にチェックされる場所

売却する人は誰でも少しでも高く売りたいと考えるものですが、では、一体どうすれ車査定のときに高額査定をだすことができるのか、あまり知っている人はいません。

車を売却するときの査定時に査定士はどこを見るのかがわかれば対策をすることができます。

それでは、査定士が自動車を査定する際に見るところを説明しましょう。

書類が全て揃っているか

まず、書類が全て揃っているかを見られます。

車体番号やグレード、整備記録などのチェックをします。

車の外装をチェック

次に、車の外装を見ていきます。

車体に傾きや色むらがないか、違法改造をしていないか、パネルの隙間やナンバープレートをチェックします。

査定時にきれいに磨き上げられていれば日頃から車を大切にしていたという印象を持たれ、良い評価になります。

車の内装と装備品のチェック

次に、内装や装備品を見ていきます。

シートに破れや汚れはないか、内張りに傷や変形したところはないか、マットなどはあるかチェックされます。

また、エンジンを始動し、カーナビなどの装備品やパワーステアリングやパワーウィンドウなどが正常に作動するのかもチェックされます。

内装も外装と同じで、きれいにしておけば車を大切にしていた人だと査定士の評価されます。

エンジンルームのチェック

次に、エンジンルームを見ていきます。

車体番号を確認したり、オイルや冷却水の漏れや修復歴がないかなどのチェックがされます。

修復歴がある場合は、査定額が低くなります。

外観とトランクルームのチェック

次に、車の外観やトランクルームなどを見て、修復歴やスペアタイヤなどの確認をします。

傷やへこみなどがある場合も査定額は下がりますが、自分で修理する場合より査定額のダウンが低い場合があるので、大きな傷やへこみでないときはそのまま査定した方が良いでしょう。

時には数十万円も金額に差が出る車査定で、これらを注意しておけば少しでも高額査定を引き出すことができるということに繋がっていきます。

やっぱり一括査定が1番高く売れる!

車の買取店では、さまざまな車を買取ってくれます。

見た目がきれいな車ばかりではなく、キズのある車・走行距離が10万キロ以上の車・事故でへこんだ車などさまざまです。

そして、その買い取った車を売って利益を上げています。

買取った車の販路に関しては、買取店によって多少違いますが、主に自社で販売する、中古車販売業者が参加するオークションに出品する、さらには海外に輸出するなどがあります。

ちなみに、中古車の買取相場はオークションの落札価格を基準に決めらます。

落札価格が100万円程度であれば、2~3割安い70万円~80万円を相場として、買い取られます。

しかし、中古車はどれ一つ同じものはありません。

同じクルマでも年式や走行距離が違います。

そのため買取価格もだいたいの相場はあっても業者によって買取価格は違ってきます。

それに、買取業者によって自社販売に強い業者もあれば、海外輸出に強い業者もいますし、需要もその都度違うので、1番高く買取ってくれるところに売りたい思うところですが、どこが1番高く買取ってくれるかは、実際に査定してみないとわかりません。

そこで、よく利用されるのが、複数の買取店から一度に査定できる一括査定です。

一括査定によって、どの買取店が1番高い買取価格をつけてくれるのか、すぐにわかるので人気のサービスになっています。

 ↓ 詳しくはこちらをクリック! ↓

まだローンが残っているのですが査定は可能?

ローンが残っているけど、車査定は可能なのか悩んでいる方もいるのではないでしょうか。

ローンが完済されるまでは、車の所有権は使用者にはありません。

ディーラーや販売会社に留保されていることが一般的です。

つまりローンが残っている場合には勝手に売ることのできない決まりがあります。

しかし、例外として中古車を取り扱っている販売店や買取店などの場合は車のローンが残っていても車査定を行ってくれます。

中古車買取業者なら、所有権留保を解除する手続きやローン会社との手続きを行ってくれますので非常に便利です。

また、買取業者の中には所有権留保を解除した場合に代行費用を請求する場合があります。

車査定から所有権留保の解除費用とローンの残高を買取金額から差し引いて、売り主にお金が支払われます。

車を売却するためには、所有者の名義を変更する必要があります。

複雑な手続きが必要になりますので、まずは車査定を行ってから買取業者に相談をしてみましょう。

買取査定額がローンの残高を超える場合には、査定分は買取業者から売り主へ支払われます。

逆に、買取査定が残高を超えない場合には注意する必要があります。

再びローンの残高を組みなおして支払う方法と一括で払える金額なら完済してしまう方法があります。

車査定額によって対応が変わりますので、しっかりと相談をしてから買取業者に依頼をしましょう。

信頼のできる車査定をするためにも、まずはインターネットを利用して探しましょう。

査定は無料ですので、複数の業者に依頼をします。

買取金額が残高を下回ってしまいますと、色々と大変ですので車を売る際には少しでも高く買取をしてもらうことが大切です。

まずは、所有者の確認をして、残高を確認しましょう。

分割で支払いをするよりも、一括で支払いをすることで費用を安く抑えることができます。

買取業者によって車査定に特色がありますので、納得のいく業者に依頼をすることがポイントです。