車査定の前には車を掃除しておくことによって、評価額が変わりうるので覚えておくようにしましょう。

理屈としてはどちらも外装は泥だらけで、車内もゴミだらけという車でも簡単に掃除をするだけで綺麗になるのであれば綺麗な状態でも汚れた状態でも価値に違いがでるわけではありません。

買取店の従業員が掃除をする手間の分だけ、安くなってしまう可能性があるにしてもその場合数千円が良いところです。

しかし、現実的には汚れて印象の悪い車というのは安値になってしまいやすいものなので、車査定の前には必ず掃除をして綺麗にしておくことが大切です。

やはり人間が査定をする以上は、ピカピカの車はそれだけで印象が良くなりますし車内にゴミひとつ落ちていなければ、状態がよく感じるものです。

逆に外装は泥だらけ、車内には食べ物のカスやゴミで溢れていると印象は悪くなってしまい、高値を提示しようという気にならなくなってしまいます。

また、査定員というのは目に見える部分で見えない部分を判断するところもありますから、見た目の印象が悪い車というのは普段から扱いも悪いのではと警戒をすることになり、肝心の車の内部の状態が悪いのではないかと疑ってかかるのでやはり高値は提示しづらくなってしまいます。

逆に綺麗な車というのは、普段から扱いも丁寧なのではないかという判断を下すことになるので査定額も比較的上がりやすくなるのです。

掃除をしているかいないかだけで車に対する印象というのは大きく変わるものであり、評価額にも影響が出る部分であるため最低限の掃除はしっかりしておく必要があります。

車のように大きな金額が動くことになる取引ではちょっとした印象の違いによって、数万円の違いになってしまうこともありますから、掃除をするのが面倒だと考えているとその僅かな手間を惜しんだばかりに数万円損をしてしまったということにもなりかねません。

それだけに、車を高く売りたいのであれば最低限の掃除はしておくようにしましょう。