車査定を受ける前に知っておきたい知識として、車検がどの程度の影響があるのかというものがあります。

基本的な考え方としては残り期限が多いほうが、査定がプラスになりやすいということを覚えておけばよいでしょう。

それでは残り期限が短かったらマイナスになってしまうのかということですが、実は車検の残り期限というのは査定にそこまで大きな影響を及ぼすポイントではないので、残り期限がギリギリであってもあるいは切れていたとしても査定が大幅にダウンするということはありません。

車検が切れていても再び検査を受ければ走らせることができるようになるわけですから、大事なポイントは車の状態であり状態が良ければ切れていても高値がつきますし、逆に状態の悪いものであればいくら期限が2年間残っていたとしても高値にはなりにくいのです。

それではなぜ車検は査定の大きな影響が出ないのかというと、そもそも買取業者というのは車検を通すこと自体それほど大きな負担となるわけではありませんし、通した分を上乗せして販売することになりますから切れていようがいまいが損をすることはありません。

期限が残っていればその分の手間が少なくなりますから、多少査定額に上乗せされますがかかった費用がまるまる査定に上乗せされるということもありませんから、結果的には車検を通した直後に車を売るのが最も損ということになってしまうのです。

査定額自体は上がるものの、かかった費用以上にアップすることはないので損になってしまうということになります。
このように基本的には大きな影響を与えないポイントとなってくるのですが、業者によっては無知につけこんで期限が迫っているから切れているからと安く買い叩こうとする業者もいるので注意が必要です。

また、切れていると公道を走行できませんからレッカーなどが必要になってしまうので、査定額自体は下がらなくてもレッカー代などの手数料が発生してしまう可能性はあるので、車検が切れてしまう前に売ったほうが有利なのは違いありません。